JUGEMテーマ:健康

症状

疲れやすい、疲労感がとれない、体力に自信がない、といった訴えは現代人に多い症状です。たとえば、成人向けの栄養ドリンク剤が広く利用されており、虚弱体質や冷え症は女性や小児に多い体質です。

医薬品ドリンク剤はどれほど効くか?

ドリンク剤は、コンビニでもドラッグストアーにも山積みされていますが実際は、気分的なもので特に疲れがとれる成分が入っているわけではなく少し脳が興奮したりするする程度のものが入っているだけです。

 

病気のとの関連性

肝臓や腎臓などの疾患など特定の病気によって疲労感が生じる場合もあります。そのようなケースでは、原因となる病気の診断と治療が最優先されます。何らかの重大な病気が隠れているのではないことを確認するために、定期的に健康診断を受けることが大切です。

対処法

特に問題となる病気が認められない場合には、サプリメントを利用でき ます。もちろん、食生活や運動習慣を見直すことも重要です。 また、虚弱体質の改善のためには、漢方薬も利用できます。専門医の診 断に基づいて適切な処方を受けることが大切です。 なお、栄養ドリンク剤には、疲労回復効果のあるビタミンB 群に加えて、 生薬の成分やカフェインが含まれています。しかし、生薬の組み合わせや カフェインの量が、体質に合わないこともあります。サプリやビタミンは、体質によって合う合わないがありますが、ビタミンB群の場合、体に不要であれば水溶性なので尿として排泄されるので心配はいりません。多少、多く飲んでおくほうがいいでしょう。サプリを使いたくない場合は、ビタミンBが豊富に含まれる豚肉がおすすめです。

疲労回復には豚肉

疲れに効果のあるサプリ・ビタミン

コメント
コメントする