低血圧の症状について

低血圧とは、収縮期血圧が100mmHG以下の状態をいいます。「めまい・立ちくらみ・疲れやすい・動悸」といった症状が認められることもあります。これらの症状は、脳や心臓の病気とも共通するため、医療機関での検査と適切な診断が必要です。冷え症と合併しているケースもあります。

病気との関連性

一般に、低血圧は、本態性低血圧(原因不明の場合)、起立性低血圧(「立ちくらみ」が主な症状)、食後低血圧(食後、消化器官に血液が滞留し、心臓に戻りにくくなることで生じる) の3つに分類されます。

対処方法

本態性低血圧は、原因が明らかではありませんが、特に症状がなければ、病気とは考えません。起立性低血圧では、有酸素運動や無酸素運動(レジスタンス運動によって筋肉を鍛えることが大切です。食後低血圧では、食事の回数を増やし、1回の食事量を減らすことで対応できます。食後にカフェインを含む飲料を摂ると、交感神経が刺激され、血圧の低下を防ぐ作用が期待できます。

サプリメント

コメント
コメントする