JUGEMテーマ:健康

頭痛の症状について

多くの現代人が、「慢性頭痛」に悩まされています。慢性頭痛は、女性に多い「偏頭痛」や「緊張塾頭痛」と、男性に多い「群発頭痛」に分けられます。

頭痛についての詳細はこちら

病気との関連

二日酔いなどによる一時的な頭痛は自然に軽快するため、治療は不要です。また、くも膜下出血や脳脊髄膜炎といった脳の疾患で生じる頭痛には、適切な治療が必要です。

一方、長期間にわたり繰り返して生じる慢性頭痛は、適切な対策によって日常生活の質を改善できます。偏頭痛では、ズキンズキンと脈打つような痛みが月に何度か生じます。偏頭痛は、ストレスなどがきっかけで頭蓋内の血管が拡張し、血管周囲に炎症が生じることで起こります。緊張型頭痛は、精神的身体的ストレスが原因で、筋肉が緊張して生じます。群発頭痛は、ストレスや飲酒がきっかけで起こります。

対処方法

頭痛の原因として重大な疾患が隠れていないか、医療機関で適切な検査と診断を受けることが大切です。慢性頭痛でも、市販の鎮痛薬で改善しない場合や、症状が悪化している場合には医療機関で受診しましょう。群発頭痛では、注射薬や内服薬も利用できます。

頭痛の市販薬はこちら。

サプリメント

コメント
コメントする