JUGEMテーマ:健康

花粉症の症状について

花粉症は、花粉に対するアレルギー反応が原因で生じる病態です。代表的な症状は、「くしゃみ」「鼻水・鼻詰まり」「目のかゆみ、涙目」などです。また、「のどのかゆみ、咳」「肌荒れ」「イライラする、眠れない」といった症状も認められます。花粉症対策は症状が出る前に開始します。早期の治療は、症状が出るのを予防したり、発症したときに症状を軽くしたりという効果があります。

病気との関連

ヒトの体には、外界からの異物が体内に侵入したとき、それを排除するしくみがあります。これが免疫系で、本来は有害な異物から体を守るための働きです。免疫系が体に好ましくない症状を生じるときにアレルギーと呼びます。

花粉症は、本来は無害な花粉に対して免疫系が働き、くしゃみなどで体外に排除しようとするアレルギー反応なのです。花粉が体内に入ると、それに対してリンパ球から抗体が産生されます。この抗体は、目や鼻の粘膜に存在する「肥満細胞」という細胞に結合します。そして、その刺激によって、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が放出されます。これらの物質によって、花粉症の症状が引き起こされるのです。たとえば、ヒスタミンは、知覚神経を刺激して、くしゃみ、鼻水、涙目などを起こします。また、ロイコトリエンは、鼻粘膜の血管に働いて鼻詰まりを引き起こします。

対処方法

花粉の飛散が始まる1〜2週間前から、自分の体質に合うサプリメントや医薬品による予防を開始すれば、症状が軽くてすみます。具体的には、「くしゃみ・鼻水」には抗ヒスタミン作用をもつ成分を利用します。また、「鼻詰まり」には抗ロイコトリエン作用の成分を用います。それぞれの作用について、サプリメントも医薬品もあります。さらに、医薬品としては、ステロイド薬や血管収縮薬があり、症状の強い時期に短期間だけ利用できます。

もちろん、花粉の飛散時期には、花粉を体や服につけないように注意が必要です。飛散量の多い日の外出の際には、マスクやめがねの利用、髪型や服装の工夫で対処しましょう0 花粉の付着を防ぐ工夫と、付着した花粉を取り除く工夫の2つが必要です。

また、タバコや過度のアルコール摂取は、鼻やのどの粘膜の防御機構を低下させるので、避けます。さらに、過労や睡眠不足、風邪などの感染症にも注意しましょう。

眠気を抑えた即効性のある「アレルギー・鼻炎薬」
https://kusiri-guide.com/archives/33

サプリメント

サプリメントの成分は、抗ヒスタミン作用と抗ロイコトリエン作用の2つが基本です。甜茶やバラの花エキスのように比較的早く効果が現れる成分もあれば、シソの実油のように1ヶ月ほど継続することで効果を実感できるサプリメントもあります。

最近は、花粉症に「じゃばら」が効いた!!抗アレルギー成分のナリルチンが温州みかんの19個分、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが改善などもあります。

シソの実油

コメント
コメントする