JUGEMテーマ:健康

肝臓について

肝臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれ、異常に気づきにくい臓器です。そのため、肝臓病を防ぐには、定期検診が大切です。肝臓病の原因として多いのはウィルス性肝炎であり、その他、アルコールや薬剤による肝障害が知られています。

人体では肝臓は、次のような重要な働きをしています。

  1. 栄養素を体内で活用できる形に再合成。小腸から送られてきた栄養素は、門脈やリンパ管を経て肝臓に運ばれ、肝臓で分解・再合成されます。
  2. 有害物質を解毒。よく知られているのは、アルコールの分解です。アンモニアを、無毒の尿素に変えるのも肝臓の作用です。
  3. 胆汁の産生。腸内での消化吸収に必要な胆汁を産生します。
  4. 赤血球の分解。古くなった赤血球からヘモグロビンを分解して、ビリルビンを作ります。
  5. 女性ホルモンの調整

病気との関連性

肝臓は、体内の化学工場としての働きをもっています。タンパク質、炭水化物、脂肪を3大栄養素といいます。肝臓は、吸収された栄養素を体が利用できる形に変えて貯蔵します。この働きを代謝といいます。たとえば、炭水化物の代謝の1つに、ブドウ糖の産生があります。脳や赤血球のエネルギー源となるブドウ糖は、肝臓で合成や貯蔵が行われています。また、タンパク質から分解されたアミノ酸は、肝臓において、体で必要とされるアミノ酸やタンパク質に再合成されます。タンパク質代謝は、アミノ酸の分解と、筋肉や酵素の原材料として必要なタンパク質の合成などです。肝臓は、脂質代謝にも働く臓器であり、脂肪酸の分解と貯蔵も行います0脂肪は、消化管で脂肪酸とグリセリンに分解され、肝臓でコレステロールや中性脂肪、リン脂質に合成されます。

アルコールを分解することも肝臓の役割の1つです。肝臓に運ばれたアルコールは、アセトアルデヒドに分解され、酢酸を経て、最終的には、二酸化炭素と水に分解されます。二日酔いの原因は、中間産物であるアセトアルデヒドです。過度の飲酒による肝臓病には、アルコール性肝炎やアルコール性肝硬変があります。

肝炎の原因には、アルコールや自己免疫性疾患などの他、ウィルスによるものが多くあります。日本での肝臓病は、ウィルスが原因となるケース( ウィルス性肝炎)が多いとされています。特にC型肝炎は、日本でのウイルス性肝炎の70% を占めています。 C型肝炎は、A型やB型肝炎と違い、はっきりした自覚症状は少なぐ慢性期を経過します。しかし、慢性肝炎の状態を経たあと、肝硬変や肝ガンを発症する率が高いため、恐れられています。

対処方法

型やC 型といったウイルス性肝炎、アルコール性肝障害など、肝臓に何らかの疾患がある場合には、西洋医学による定期検査が必要です。飲酒 などの生活習慣の見直しはいうまでもありません。

サプリメント

肝臓を守るサプリメントの代表は、ウコンとマリアアザミです。両者は、

といった使い分けができます。

[PR]GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)

コメント
コメントする