JUGEMテーマ:健康

コレステロール値が高い症状について

日本動脈硬化学会の診断基準によると、

  1. 総コレステロール値が220mg/dl以上
  2. LDLコレステロール値が140mg/dl以上
  3. HDLコレステロール値が40mg/dl未満
  4. 中性脂肪が150mg/dl以上

のいずれか1つ以上を満たすときに高脂血症と診断されます。日本では、4人に1人、約3000万人もの人が高脂血症と推計されています。特に、男性では40歳代以上、女性では50歳代以上で問題となっています。

 

高脂血症とは、いわゆる「血液ドロドロ」の状態です。高脂血症を放置すると動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞といった病気を引き起こします。

たとえば、日本人5万人を対象にして6年間追跡調査した研究によると、血液中のコレステロール値が高いはど、心筋梗塞の危険度が増加することがわかっています。コレステロール値が高いというだけでは症状はありませんが、放置すると重大な病気を生じるので、早めの対策が大切です。コレステロールのうち、HDLは「善玉」、LDLは「悪玉」と呼ばれます。動脈硬化を促進するのは、LDLコレステロールです。特に、LDLが酸化されて生じる「酸化LDL」が問題です。また、高血圧や糖尿病などの病気をすすでにもっている人が高脂血症を合併すると、動脈硬化が促進されます。

なお、女性の高コレステロール血症は、更年期・閉経以後に多く認められます。これは、「エストロゲン」という女性ホルモンが低下することが原因です。エストロゲンには、LDLコレステロールを細胞に取り込んで利用する働きがあります。更年期を迎えてエストロゲンが少なくなる年代では、食生活に大きな変化がなくても高コレステロール血症が生じやすくなるのです。中高年の女性に勧められるサプリメントは、大豆イソフラボンです。

対処方法

コレステロールは、体に必要な成分であり、肝臓で合成されます。そのため、血液中のコレステロールは、食事に由来する分と、肝臓で産生される分とがあります。高コレステロール血症と診断された場合には、食事からのコレステロール摂取を抑えるとともに、抗酸化作用のある食品成分を積極的に摂ることで、酸化LDLの産生を防ぎます。

コレステロール値を下げる食事の基本は

  1. 食物繊維を摂ることで、コレステロールを吸着させて体外に排泄する。
  2. 抗酸化作用をもつ成分を摂り、LDLの酸化を防ぐ。
  3. 大豆タンパク質の摂取によりコレステロールを減らす。
  4. 魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸(DHAやEPA) を摂り、血栓症を予防する。

といったことです。これらは、食事内容の見直しが優先されますが、サプリメントによって補うこともできます。また、運動習慣をもつことも大切です。

 

サプリメント

コレステロールの吸収を抑える

コレステロール値を下げる

血液をさらさらにして血栓を防ぐ

  • DHA
  • ナットウキナーゼ

[PR] たっぷりオメガ3脂肪酸、食物繊維「サルバチア」

 

機能性食品ならコレステ生活がおすすめです。コレステ生活は、サプリメントで手軽にコレステロール対策ができると人気の、機能性表示食品です。松樹皮由来のプロシアニジン(プロシアニジンB1として)が含まれ、コレステロールが高めの人に適した食品で、総コレステロールや悪玉(LDL)コレステロールを下げる機能があります。
その効果は、コレステロールが高めな男性・女性を対象とした、12週間の臨床試験で確認されています。

 

まずは、食物繊維をしっかり摂ることからはじめて食習慣を改善し、その後なかなか数値が改善しないのであれば機能性食品を試すのがいいでしょう。

また、便秘をしないように注意することも大切です。食事で吸収されたコレステロールを排泄するのは便が大半です。便秘になってしまうと中性脂肪値が上昇するのは言うまでもありません。

コメント
コメントする