JUGEMテーマ:健康

光の老化について

皮膚のトラブルで多いのは、紫外線による害です。日光に含まれる紫外線は、過剰に当たると体に有害であることがわかっています。紫外線による肌のダメージとして、「シミ」「シワ」「皮膚ガン」があげられます。シミやシワは単なる老化現象ではなく、紫外線に長期間当たることでダメージが蓄積されて生じる「光老化」です。光老化を防ぐには、日常生活での注意が大切ですし、肌のトラブルをサプリメントで改善することもできます。

病気との関連性について

紫外線は、波長によって、UVA 、UVB 、UVCの3 種類があります。これらのうち、UVCは波長が短くオゾン層などで吸収され、地表には到達しません。地表まで届いて害を及ぼすのは、UVA とUVBの2 つです。UVAは、波長が長く、皮膚の奥まで入ります。UVB は、UVA よりも波長が短いため、地表に届く量は多くはありません。しかし、UVA よりもエネルギーが強いため、障害をもたらします。

皮膚は、「表皮・真皮・皮下組織」から構成されます。真皮には、繊維芽細胞から作り出されるコラーゲンとエラスチンがあり、皮膚の弾力性や張りを保っています。そこに紫外線が当たると、UVA が真皮まで到達して、繊維芽細胞に障害を生じ、コラーゲンやエラスチンが適切に作られなくなる結果、シワを生じます。

UVBは、表皮に届いてシミ・日焼け・皮膚ガンの原因となります。UVBが表皮に達すると、表皮の基底層に存在する「メラノサイト」という細胞が「メラニン」色素を産生します。これが日焼けです。日焼けを繰り返すと、シミとなります。

真皮には、皮膚の強さを維持する「膠原繊維」と弾力を保つ「弾性繊維」が存在します。膠原繊推はコラーゲン、弾性繊維はエラスチンというタンパク質で構成されています。コラーゲンとエラスチンの働きによって皮膚の弾力性としなやかさが維持されています。さらに、コラーゲンとエラスチンの間には、ヒアルロン酸が存在します。皮膚の張りやみずみずしさは、ヒアルロン酸の保水性の働きによります。紫外線や加齢によって、コラーゲン、エラステン、ヒアルロン酸が減少すると、シワが生じるのです。

肌のトラブル

肌のトラブルを防ぐには、まず紫外線を避けることが第一条件です。紫外線量は夏季に急増します。晴れた日だけではなく、曇りや雨の日でも紫外線はゼロにはなりませんので注意が必要です。衣服や帽子で紫外線を防ぐとともに、紫外線防止剤などの利用もできます。

シワに対しては、保湿性を保つ、ビタミンA誘導体の外用、ケミカルピーリングなどの方法があります。さらに、コラーゲンやヒアルロン酸を外科的に注入することもできます。

サプリメント

肌のトラブルには、ビタミンCやB2がよく利用されます。薄いシミの場合には、ビタミンC の摂取だけで改善が期待できます。また、紫外線による障害は、肌のトラブルだけではなく、白内障などもあります。さらに、紫外線によって発生する活性酸素は、体に有害です。それらを防ぐためにもサプリメントが利用されます。皮膚の張りやしなやかさ、みずみずしさを保つための成分も、サプリメントとして用いられます。

抗酸化ビタミン

  • ビタミンC
  • ビタミンE

肌を健康に保つ

  • ビタミンB

メラニンの産生を抑える

  • ビタミンC

肌のハリを保つ

コメント
コメントする