JUGEMテーマ:健康

運動について

近年、日本では肥満者が増加して、生活習慣病を指摘される人が急増、その一方で、運動不足が蔓延しています。たとえば、内閣府によって2000年に行われた「体力・スポーツに関する世論調査」によると、運動不足と「感じる」とする人の割合が64.6% にも達してます。運動不足についで性別に見ると、運動不足と「感じる」とする人の割合は女性のほうが高くなっています。また、年齢別では、「感じる」とする人の割合は30 〜40歳代で高く、一方、「感じない」とする人の割合は60歳代以上で高いという結果が出ています。

病気との関連性

適切な運動習慣は、適正体重を維持し、生活習慣病の予防や改善に効果的です。30歳代以降では、筋肉量が減少し、基礎代謝

対処方法

運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があります。有酸素運動は、体の脂質をエネルギー源とするので、脂肪を減少させる効果があります。たとえば、ウォーキングやサイクリング、トレッドミル、エアロバイク、ステッパー、エアロビクスなどがあります。有酸素運動は、心肺機能を高め、心機能や血圧などに好影響を与えます。

無酸素運動(レジスタンス運動)とは、筋肉に抵抗を加えながら、それに逆らって筋肉を収縮させる運動です。筋力や筋持久力、骨・関節の強化を目的とした運動で、たとえば、ウェイトトレーニング、バーベルやダンベルを用いる運動、スクワット、腹筋や背筋を鍛える運動、腕立て伏せなどがあります。

運動習慣は、若年者から中高年、高齢者までの全年齢層で効果が期待できます。ただし、運動の際には、各自に適した運動の種類と強度を選ぶことが大切です。

なお、過度な運動は、体内で活性酸素を発生させるため逆効果となります。たとえば、平日はまったく運動せず、週末に過激な運動を行うという習慣は好ましくありません0

サプリメント

運動の効果を効率よく得るために、サプリメントが利用できます。

運動による活性酸素を抑える

疲労物質「乳酸」を抑える

[PR]Q&A式形式によるマイナス5歳情報

コメント
コメントする