JUGEMテーマ:健康

うつの症状

うつ病は、現代社会では誰でもかかりうる病気です。精神的な症状だけではなく、頭痛や倦怠感といった身体的症状も認められます。

病気との関連

うつ病は、環境の変化やストレス、人間関係のトラブル、過労などによって生じることがあります。また、凡帳面である、完壁主義、他人を気にするといった性格・思考パターンの人は、うつ病になりやすいタイプです。
うつ病は、脳の中で情報を伝達する役割をもつ「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が不足することで生じます。症状としては、気分が落ち込む、食欲不振、疲労感、集中力の低下などが2週間以上続くことが特徴的です。また、頭痛、倦怠感、肩こり、胃痛といった身体症状が見られることもあります。

対処方法

うつ病の治療の基本は、「抗うつ剤を服用する」と「休養をとる」の2つです。抗うつ剤としては、「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」や「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」に分類されるタイプの医薬品が利用されます。

うつ病に使われるサプリメント

抗うつ作用のあるハーブ

抗うつ作用のある成分

  • サムイー
[PR]水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」を使ってみての感想
コメント
コメントする