JUGEMテーマ:健康

更年期について

閉経年齢は平均50歳であり、閉経前後の時期を更年期といいます。通常、40〜55歳前後であり、卵巣が生殖機能を終え、ホルモンの分泌が低下していく段階で、女性特有のいろいろな症状が現れます。

更年期障害に対して、西洋医学ではホルモン補充療法や対症療法が行われます。一方、植物性食品やハーブには、女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれており、「統合医療」では、それらもあわせて利用します。

病気との関連性

更年期障害の症状は、非常に多彩です。「のぼせ・ほてり」や「発汗・寝汗」を訴える人もいれば、「手足の冷え」を感じる人もいます。「のぼせ・ほてり」と「冷え」を同時に訴える人もいます。その他、「動悸・息切れ」「めまい」「頭痛・肩こり」「腰痛」「不眠」「イライラ感・不安感」「疲労感」などの症状が認められます。

また、更年期障害が気になる年代の女性は、家庭内の出来事や対外的な人間関係などでストレスにさらされています。これらのストレスでも、自律神経の働きが乱れ、ホルモン分泌に異常を来します。

さらに、更年期以後の女性はエストロゲンが不足するため、男性よりも骨粗軽症や心臓病、脳血管疾患にかかりやすいことがわかっています。

対処方法

更年期障害は、加齢による女性ホルモンの減少を原因とする症状が中心です。そのため、西洋医学での治療としては、ホルモン補充療法やその他の対症療法が行われています。また、漢方薬もよく利用されます。症状が強い場合には、ホルモン補充療法を短期間行い、その後、漢方薬やサプリメントを利用することもできます。

更年期において、サプリメントを利用するときには、目的を明確にします。具体的には、1「ほてり・発汗・冷え」といった症状に対する短期的な対症療法、2女性ホルモンの減少によって生じる動脈硬化性疾患や骨粗鬆症の予防のいずれか、あるいは両方が治療の目的になります。

米国ではホルモン補充療法が標準治療として行われてきましたが、副作用が判明して大規模な臨床試験が中止になるという出来事がありました。そのため、最近では、ハーブなどのサプリメントの利用者が増えています。

なお、更年期に注意したいのは、さまざまな症状を自己判断で更年期障害と決めつけてしまうと重大な病気を見逃す危険があることです。更年期の女性は、生活習慣病も起こりやすい年代なので、気になる症状があれば、医師の診察を受けましょう。ガンなどの生活習慣病や何らかの疾患がないことを確かめた上で、体質(自分のホルモンバランスの状態) に合った治療を受けることが大切です。

サプリメント

内在性(体が作り出す)エストロゲンの低下が原因で生じる女性特有の疾患(更年期障害) には、エストロゲン様の働きをもつ植物性食品やハーブを利用できます。詳しいメカニズムは、「女性特有の症状をいやしたい」の項で説明しています。女性ホルモンの働きを助ける成分には、いくつかの種類が奉ります。ホルモンのバランスは個人差が大きいので、自分に合ったサプリメントを選ぶことが大切です。

女性ホルモンの働きをもつ成分

大豆イソフラボン

女性ホルモンの働きを持つハーブ

レッドクローバー

ストレスやうつに効くハーブ

セントジョーンズワート

コメント
コメントする