JUGEMテーマ:健康

風邪の症状について

風邪の多くは、ウィルス感染が原因で生じます。風邪を引き起こすウィルスは200種類以上が知られています。これらのウイルスは、寒冷で乾燥した環境を好むため、主に、冬に増殖して風邪の感染を拡大します。

病気との関連性

風邪自体は、ごくありふれた感染症です。しかし、自己判断で単なる風邪と決めてしまうと、問題を生じることもあります。たとえば、咳や痰などが長引く場合は、慢性的な呼吸器の病気が疑われます。また、肺炎の初期症状は、風邪と間違いやすいことがあります。発熱や咳などの症状が続く場合は医療機関で受診しましょう。

対処療法

ライフスタイルに気をつけて、風邪にかからないようにすることが大切です。食事のバランス、睡眠などを工夫しましょう。もし、風邪にかかってしまったときには、安静と水分補給が基本です。

サプリメント

風邪やインフルエンザのひきはじめであれば、サプリメントも利用できます。

風邪の初期に摂ると有効

抗ウィルス作用のある

オリブリーフ

JUGEMテーマ:健康

たばこの害について

喫煙者数は、日本全体では減少傾向にありますが、若年女性層などでは増加しています。欧米先進国や日本以外のアジア諸国では、禁煙政策が強力に推進されています。タバコは、喫煙者本人のみならず、周囲の人々にも間接喫煙・受動的喫煙により害を及ぼすため、社会問題となっています。特に、主流煙よりも副流煙に、発ガン物質をはじめとする有害物質が多く含まれるという問題があります。

病気との関連性

喫煙は、間接喫煙の場合も含めて、次のような病気を生じるため、禁煙の推進が急務となっています。喫煙による病気は、肺ガン、喉頭ガン、口腔・咽頭ガン、食道ガン、胃ガン、膀胱ガン、腎孟・尿管ガン、膵ガンなど多くのガン。虚血性心疾患、脳血管疾患、慢性閉塞性肺疾患、歯周疾患など多くの疾患。低出生体重児や流・早産など妊娠に関連した異常。

対処方法

最近では、さまざまな禁煙補助剤が薬局・薬店で販売されています。また、禁煙外来を設けている病院もあります。

禁煙補助剤を上手に活用して今年こそ禁煙!

サプリメント

喫煙に関連する有害物質を除くことを目的としてサプリメントが利用できます。ただし、これらは、禁煙を補助する成分ではないため、禁煙が最 優先となります。

喫煙で減少するビタミン

ヘビースモーカーはビタミンB2、ビタミンCを意識して摂取する

ニコチンの排出を促進

ニコエン

 


JUGEMテーマ:健康

不眠の症状

最近の調査によると、不眠を訴える人が増えていることが報告されています。たとえば、北里大学が1万人を対象に行った調査では、半数の人が「不眠症」あるいはその疑いがあるとされました。

脳には、睡眠を司る「睡眠中枢」と、覚醒を司る「覚醒中枢」とがあり、この両者の調節機構が正常に働かないと、睡眠障害の1つとして不眠症を生じるのです。不眠症の原因としては、過労やストレス、うつ病、いくつかの身体的な疾患などが知られています。

病気との関連性

「昨夜はよく眠れなかった」といった「不眠」は、一過性のストレスや身体的苦痛などによって起こります。一時的に眠れない状態は、生体の生理的な反応としての不眠ですが、医学的には「不眠症(睡眠障害)」とは呼びません。単なる不眠は、医学的には疾患ではなく、治療対象とはされません。

一方、代替医療・統合医療では、一時的な不眠に対しても、カモミールやレモンパーム、バレリアンといったハーブを利用します。特に、カモミールやパッションフラワーなどのハーブティーは、安全性も高く気軽に用いることができます。

眠れない | アロマテラピーの効能・効果

病気としての不眠症とは、次のいずれかの症状が週2回以上認められ、少なくとも1ヶ月間間持続する場合をいいます。

  1. 入眠障害
    寝つきが悪く、入眠するのに長い時間を要する病態。就床後1〜2時間以上眠れない状態。
  2. 中間覚醒(中途覚醒)
    夜中に目が覚めやすい病態。複数回目が覚める場合や、目が覚めたあと眠れない場合があります。うつ病や脳血管障害に伴って生じることも知られています。
    うつなら水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」です。
  3. 早朝覚醒
    意図したよりも早く目が覚める病態。生理的現象として高齢者に多く、また、うつ病の症状の1つでもあります。
  4. 熟眠障害
    熟眠したという満足感がなく、覚醒時に睡眠不足を感じる病態。

以上が不眠症の代表的な病態です。これらの不眠症をもたらす原因として、「精神生理性不眠症」の他、身体的疾患や精神疾患などがあります。「概日リズム睡眠障害」という病態もあります。これは、入眠と覚醒の時刻が一般的に好ましいと考えられる時間帯ではない状態をさします。この障害には、朝寝坊型になる「睡眠相後退症候群」と、朝早く覚醒する「睡眠相前進症候群」があり、社会生活において問題になる前者では、メラトニンなどの投与が行われます。

うつ病によって生じる不眠症もあります。うつ病では入眠困難、中間覚醒、早朝覚醒のいずれも起こりえます。最近、肥満の合併症として生じる「睡眠時無呼吸症候群」が注目されています。2003年には、新幹線の運転士が、この症候群のために居眠り運転を起こしたことでニュースになりました。

対処方法

何らかの基礎疾患によって睡眠障害が生じている場合、その疾患の治療が優先されます。うつ病や脳血管疾患、肥満症、医薬品の副作用による不眠症であれば、サプリメントではなく、主治医に相談します。医療機関での不眠症に対する治療は、睡眠薬の投与が中心となります。睡眠薬の多くは、ベンゾジアゼピン受容体作動薬という種類であり、覚醒中枢を刺激する感情中枢の興奮を抑制します。

サプリメント

特に問題となる基礎疾患がないのに、不眠を訴える人も少なくありません。代替医療・統合医療による不眠の治療では、個人の体質や症状に合わせて次のようなサプリメントを利用します。

穏やかに働くハープ

バレリアン

睡眠のリズムを整えるホルモン

メラトニン

光への反応を高めて睡眠のリズムを整える成分

ビタミンB12

うつ病に伴う不眠症での抗うつの働き

セントジョーンズワート

JUGEMテーマ:健康

骨粗鬆症の症状について

骨粗鬆症とは、骨代謝のバランスが乱れて骨からカルシウムが失われ、骨の密度が低下し強度が弱くなる病態です。現在、全国で1000万人の骨粗鬆症症患者がいると推計されています。その多くは女性で、更年期に当たる40歳代から増加しはじめ、65歳では2人に1人、80歳では7割もの女性が骨粗鬆症と診断されています。

さまざまな不調があらわれる更年期障害(症状・原因・治療)

病気との関連性

骨は、カルシウムの貯蔵場所として機能しています。つまり、食事から得られたカルシウムは、まず骨に蓄えられます。一方、カルシウムは、全身の細胞の正常な働きに必要なミネラルです。そこで、血液中には常に一定量のカルシウムが含まれており、体の細胞にカルシウムを供給しています。血液中にカルシウムが少なくなると、骨から溶け出すことで対応します。

女性ホルモンのエストロゲンには、カルシウムを骨に沈着させる働きと、骨が溶けすぎないように調節する働きとがあります。しかし、女性ホルモンが減少する更年期以後の年代では、それらの働きが失われるため、骨からカルシウムが失われやすくなるのです。

骨粗鬆症により骨の密度や強度が低下すると、さまざまな症状が現れます。特に、背骨に症状を認めることが多く、たとえば、背部痛や腰痛、身長の低下、背骨の湾曲などが見られます。骨粗鬆症は、自覚症状がないことも多く、気づかないうちに進行します。

骨が弱くなるため、ちょっとしたことで骨折することもあります。特に高齢者での骨折は、些細なことをきっかけにした転倒によって起こっています。

対処方法

骨粗鬆症は、閉経後の女性に多い病気です。しかし、国民栄養調査によると、カルシウムの摂取不足が年齢や性別に関係なく、広い年代で認められていることから、男女を問わず注意が必要です。

骨粗鬆症の予防と改善には、生活習慣の改善が大切です。食事でのカルシウム摂取不足による問題はよく知られています。また、運動も影響を与えます。運動不足では、カルシウムが骨に沈着しにくくなり、骨が弱くなります。運動をはじめるのは、高齢者でも遅くはありません。ゲートボールを続ける人では、骨密度が増えているという報告もあります。

さらに、ビタミンDの摂取も大切ですし、ビタミンDを活性化するためには、日常生活で日光に当たることも必要です。病院では、骨粗鬆症の治療薬が処方されます。たとえば、骨が掛ナ出すのを抑える骨吸収抑制薬、骨の形成を促す骨形成促進薬、活性型ビタミンD製剤、ビタミンK 製剤などです。

ビタミンDについてはこちら。

サプリメントによる対処方法

カルシウムを含む食品は多くありますが、体内への吸収効率は食品によて大きく異なっています。もっとも吸収率のよい牛乳や乳製品のカルシウムでさえ、半分ほどしか吸収されません。その他、小魚では30%、緑葉色野菜では20% 程度しか吸収されないのです。さらに、若年者に比べて高齢者では、消化吸収能力が低下しているという問題もあります。一般に、ヵルシウムは、食品からだけでは不十分なことが多く、サプリメントを利用するほうが確実です。さらに、サプリメントでは、カルシウムだけではなく、その吸収と骨形成を助ける働きをもつ成分も容易に摂ることができます。

カルシウムの摂取不足を補う

JUGEMテーマ:健康

アンチエイジングについて

アンチエイジング(抗加齢)医学が注目を集めています。特に米国では関心が高く、サプリメントによる栄養療法があり、抗加齢の専門学会も組織されています。最近は日本でも注目が集まっています。

病気との関連性

ヒトの場合、20歳頃までの成長過程(スピード)には、あまり個人差は認められません。一方、30歳以降で認められる加齢・老化のスピードには、大きな個人差があります。特に、高齢になると、個人差が顕著です0 生物としてのヒトは、体内環境での恒常性が保たれています。しかし、加齢に伴って一部のホルモン類が減少し、活性酸素による障害を防ぐ体内の抗酸化酵素の働きも低下します。

対処方法

生活習慣が重要です。つまり、タバコは吸わない、飲酒は適度に、紫外線を避ける、過食をせず適切な食生活を送る、適度な運動習慣をもつ、適正体重を保つことが基本です。

サプリメントによるアンチエイジング効果

サプリメントは、1活性酸素による障害を防ぐ抗酸化成分の摂取、2加齢によって減少する体内成分の補給、という2種類の目的があります。前者の成分は若い世代にも有効ですが、後者の成分は中高年層や高齢者での摂取が効率的です。

抗酸化ビタミン

  • ビタミンC
  • ビタミンE

加齢で減少する成分

美容・美肌に効く成分


JUGEMテーマ:健康

関節が痛む症状について

関節の病気としては、変形性関節症と関節リウマチの2つが代表的です。変形性関節症は、加齢に伴って増えてくる病気です。関節リウマチは、「免疫」のしくみに何らかの異常が生じることで発症します。いずれも、西洋医学による診断が大切です。

病気との関連性

関節は、骨と骨とを結ぶ連結器として働いています。関節をはさむ2つの骨には腱を介して筋肉が付着しており、関節を動かしたり固定したりする作用があります。関節で向き合った骨端部には関節軟骨があり、クッションの役目を果たします。また、関節の内側は滑膜という軟らかい膜で覆われています。この滑膜には、滑液という潤滑油の働きをする成分が存在しています。

の膝の痛みは、関節でクッションとして働いている軟骨がすり減って関節の滑らかさが失われ、骨同士が擦れ合うために起こります。膝などの関節痛をもたらす軟骨の老化は、中年期以降によく認められます。関節リウマチは、関節にある滑膜に炎症が起こり、関節に腫れや痛みが生じて、軟骨や骨が破壊されていく病気です。一般に、50歳代を中心とした女性に多く、日本での患者数は80万人と推計されています0 関節リウマチでは、「朝の関節のこわばりが1 時間以上続く」「左右対称に関節が腫れる」「3つ以上の関節が腫れる」といった特徴があります。

なお、なんとなく関節が痛むときにはリウマチと自分で判断している人もいますが、医学的には、診断基準に照らし合わせて診断し、治療法を選択します。たとえば、当初は、関節リウマチの基準を満たさないために抗炎症薬や鎮痛薬で様子を見て、その後、関節リウマチと診断されたときには抗リウマチ薬を使うというケースがあります。

対処方法

関節の異常に対しては、西洋医学による正確な診断が重要です。適切な検査による診断を受けた上で、西洋医学に加えて、自分に合った相補・代替医療を利用しましょう。

変形性関節症の痛みに対しては、西洋医学では鎮痛薬や抗炎症剤が処方されますが、いずれも「痛み止め」による対症療法です。これに対して、軟骨の障害を改善することで痛みをなくす栄養療法が注目さ咋ています。グルコサミンおよびコンドロイチンというサプリメントを用いる方法です。これらは、軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種です。最近では、関節炎の予防やスポーツ障害による関節のトラブルに対しても用いられています。

加齢が原因と診断されたひざ痛、腰痛に「塗るグルコサミン キダDX」の使用感、口コミ

関節リウマチは、かつて「慢性関節リウマチ」と呼ばれ、長期間つき合っていく必要のある病気でした。しかし、最近では西洋医学の分野において高い効果の期待できる「抗リウマチ薬」もあります。早い段階で治療を開始することが、その後の関節破壊への進展に影響します。西洋医学を中心とした診断と治療が重要です。

サプリメント

変形性関節症では、まず減量により関節にかかる負荷を小さくするとともに、運動によって下肢の筋肉を強くすることが大切です。そして、バランスのとれた食生活を基本として、サプリメントを補助手段として併用しましょう。関節リウマチでは、西洋医学による診断と治療が優先されます。

関節リウマチに効果のあるサプリメント

キャッツクロー

変形性関節症に効果のあるサプリメント

グルコサミン


JUGEMテーマ:健康

頭痛の症状について

多くの現代人が、「慢性頭痛」に悩まされています。慢性頭痛は、女性に多い「偏頭痛」や「緊張塾頭痛」と、男性に多い「群発頭痛」に分けられます。

頭痛についての詳細はこちら

病気との関連

二日酔いなどによる一時的な頭痛は自然に軽快するため、治療は不要です。また、くも膜下出血や脳脊髄膜炎といった脳の疾患で生じる頭痛には、適切な治療が必要です。

一方、長期間にわたり繰り返して生じる慢性頭痛は、適切な対策によって日常生活の質を改善できます。偏頭痛では、ズキンズキンと脈打つような痛みが月に何度か生じます。偏頭痛は、ストレスなどがきっかけで頭蓋内の血管が拡張し、血管周囲に炎症が生じることで起こります。緊張型頭痛は、精神的身体的ストレスが原因で、筋肉が緊張して生じます。群発頭痛は、ストレスや飲酒がきっかけで起こります。

対処方法

頭痛の原因として重大な疾患が隠れていないか、医療機関で適切な検査と診断を受けることが大切です。慢性頭痛でも、市販の鎮痛薬で改善しない場合や、症状が悪化している場合には医療機関で受診しましょう。群発頭痛では、注射薬や内服薬も利用できます。

頭痛の市販薬はこちら。

サプリメント

低血圧の症状について

低血圧とは、収縮期血圧が100mmHG以下の状態をいいます。「めまい・立ちくらみ・疲れやすい・動悸」といった症状が認められることもあります。これらの症状は、脳や心臓の病気とも共通するため、医療機関での検査と適切な診断が必要です。冷え症と合併しているケースもあります。

病気との関連性

一般に、低血圧は、本態性低血圧(原因不明の場合)、起立性低血圧(「立ちくらみ」が主な症状)、食後低血圧(食後、消化器官に血液が滞留し、心臓に戻りにくくなることで生じる) の3つに分類されます。

対処方法

本態性低血圧は、原因が明らかではありませんが、特に症状がなければ、病気とは考えません。起立性低血圧では、有酸素運動や無酸素運動(レジスタンス運動によって筋肉を鍛えることが大切です。食後低血圧では、食事の回数を増やし、1回の食事量を減らすことで対応できます。食後にカフェインを含む飲料を摂ると、交感神経が刺激され、血圧の低下を防ぐ作用が期待できます。

サプリメント

JUGEMテーマ:健康

更年期について

閉経年齢は平均50歳であり、閉経前後の時期を更年期といいます。通常、40〜55歳前後であり、卵巣が生殖機能を終え、ホルモンの分泌が低下していく段階で、女性特有のいろいろな症状が現れます。

更年期障害に対して、西洋医学ではホルモン補充療法や対症療法が行われます。一方、植物性食品やハーブには、女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれており、「統合医療」では、それらもあわせて利用します。

病気との関連性

更年期障害の症状は、非常に多彩です。「のぼせ・ほてり」や「発汗・寝汗」を訴える人もいれば、「手足の冷え」を感じる人もいます。「のぼせ・ほてり」と「冷え」を同時に訴える人もいます。その他、「動悸・息切れ」「めまい」「頭痛・肩こり」「腰痛」「不眠」「イライラ感・不安感」「疲労感」などの症状が認められます。

また、更年期障害が気になる年代の女性は、家庭内の出来事や対外的な人間関係などでストレスにさらされています。これらのストレスでも、自律神経の働きが乱れ、ホルモン分泌に異常を来します。

さらに、更年期以後の女性はエストロゲンが不足するため、男性よりも骨粗軽症や心臓病、脳血管疾患にかかりやすいことがわかっています。

対処方法

更年期障害は、加齢による女性ホルモンの減少を原因とする症状が中心です。そのため、西洋医学での治療としては、ホルモン補充療法やその他の対症療法が行われています。また、漢方薬もよく利用されます。症状が強い場合には、ホルモン補充療法を短期間行い、その後、漢方薬やサプリメントを利用することもできます。

更年期において、サプリメントを利用するときには、目的を明確にします。具体的には、1「ほてり・発汗・冷え」といった症状に対する短期的な対症療法、2女性ホルモンの減少によって生じる動脈硬化性疾患や骨粗鬆症の予防のいずれか、あるいは両方が治療の目的になります。

米国ではホルモン補充療法が標準治療として行われてきましたが、副作用が判明して大規模な臨床試験が中止になるという出来事がありました。そのため、最近では、ハーブなどのサプリメントの利用者が増えています。

なお、更年期に注意したいのは、さまざまな症状を自己判断で更年期障害と決めつけてしまうと重大な病気を見逃す危険があることです。更年期の女性は、生活習慣病も起こりやすい年代なので、気になる症状があれば、医師の診察を受けましょう。ガンなどの生活習慣病や何らかの疾患がないことを確かめた上で、体質(自分のホルモンバランスの状態) に合った治療を受けることが大切です。

サプリメント

内在性(体が作り出す)エストロゲンの低下が原因で生じる女性特有の疾患(更年期障害) には、エストロゲン様の働きをもつ植物性食品やハーブを利用できます。詳しいメカニズムは、「女性特有の症状をいやしたい」の項で説明しています。女性ホルモンの働きを助ける成分には、いくつかの種類が奉ります。ホルモンのバランスは個人差が大きいので、自分に合ったサプリメントを選ぶことが大切です。

女性ホルモンの働きをもつ成分

大豆イソフラボン

女性ホルモンの働きを持つハーブ

レッドクローバー

ストレスやうつに効くハーブ

セントジョーンズワート

JUGEMテーマ:健康

むくみの症状について

「むくみ」は、体内の水分によって生じます。むくみは女性に多1認められ、「夕方になると足がむくむ」「月経前に顔がむくむ」といった症状があります。その他、乳ガンや子宮ガンの手術後にリンパ液の流れが障害されて生じる「リンパ浮腫」や、下肢の静脈の弁が障害されて起こる「下肢静脈瘤」によるむくみがあります。

病気との関連性

一時的なむくみは、特に病気との関連はなく、問題はありません。たとぇば、長時間の立ち仕事をしたときに足がむくむ、ホルモンバランスの生理的な変化によって月経前にむくむ、睡眠不足や疲労しているときにむくむ、といったときは心配ありません。

一方、心臓や肝臓、腎臓に異常があって生じるむくみがあります。女性では、原因不明の「特発性浮腫」という病気も知られています。

対処方法

一過性のむくみであれば、まず、食事と運動を見直しましょう。食事では、塩分と水分の摂りすぎに注意します。カリウムは余分な塩分を体外に排出する働きをもつので、カリウムの多い食品を積極的に摂ります0 適度な運動は、血液循環を改善するので重要です。さらに、下肢の筋肉が落ちないように、運動習慣を維持しましょう。

初心者にもわかりやすいコンテンツ - 健康&美容(むくみ)

むくみに効果的なサプリメント

メリロート