JUGEMテーマ:健康

高血糖の症状について

血糖値は、血液中のブドウ糖の量を反映する値です。血糖値の高い状態が続くとき、「糖尿病」が疑われます。また、「糖尿病予備軍」の人も現在、急増中有です。日本では成人の6.3人に1人が、糖尿病あるいは糖尿病予備軍という状態です。

病気との関連性

糖尿病とは、血糖値の高い状態が続く病気です。空腹時血糖値が、110m g/dl未満で「正常」、126mg/dl以上で「糖尿病型」、その間にある場合で「境界型」(つまり「糖尿病予備軍」)と判定されます。

糖尿病は、1型糖尿病と2型糖尿病の大きく2つに分けられます。1型糖尿病は、小児期に発症する糖尿病で、インスリンが欠乏しているタイプです。ウィルス感染などが原因で膵臓のβ細胞が破壊され、インスリンが産生できなくなってしまった状態です。2型糖尿病は、糖尿病全体の90数%を占めています。2型糖尿病では、インスリンが欠乏しているのではなく、インスリンの効きがよくないため( これをインスリン抵抗性といいます)、血糖量の調節がうまく行われず高血糖になる病態です。

2型糖尿病は、「体質」と「生活習慣」の2つの要因が重なることで発症します。したがって、糖尿病になりやすい体質をもっている人では、生活習慣に注意することが、糖尿病の発症予防や血糖コントロールのために必要です。

糖尿病では合併症が問題になります。合併症としては、細い血管が障害される糖尿病性網膜症、腎症、神経障害がよく知られています。これらの他、心筋梗塞や脳梗塞といった血管障害も生じます。

糖尿病の合併症についてはこちら。

対処方法

糖尿病の治療の基本は、まず食事療法です。その上で、運動療法を行い、サプリメントも補助的に利用します。必要であれば、薬物療法を加えて血糖をコントロールします。

糖尿病の体質がある場合、まず糖尿病を発症しないように、生活習慣に注意が必要です0 次に、糖尿病を発症してしまった場合には、合併症を生 じないように、血糖コントロールを良好に保つことが重要です。さらに、合併症が起こってしまった場合には、個々の臓器障害を防ぐことが大切で す。糖尿病の体質をもつ人であっても、適切な食生活と運動習慣によって予防と改善が可能です。

サプリメント

サプリメントは、食事療法や運動療法に合わせて補助的に用います。西洋医学の治療とうまく組み合わせることで、血糖コントロールを良好に保つことができます。これらのサプリメントには血糖コントロールに対する効果が期待できるため、糖尿病で治療中の場合には必ず主治医に申告するようにしましょう。

食後高血糖を改善する

  • ギムネマ
  • 桑の葉

糖尿病への効果が示されている

JUGEMテーマ:健康

活性酸素について

酸素は、私たちの生存に欠かすことができません。しかし、体内に入った酸素のうち1〜2%程度が「活性酸素」と呼ばれる分子に変化し、老化現象や生活習慣病の原因となることがわかっています。そこで活性酸素による害を防ぐために、抗酸化作用をもつ成分を豊富に摂ることが大切です。抗酸化作用によって、病気を防ぐだけでなく、アンチエイジング害(抗加齢)の働きも期待できます

病気との関連

活性酸素は、他の物質を「酸化させる」働きをもっています。本来、活性酸素は、体内に侵入した細菌やウィルスを攻撃し、体を守る役割を果たしています。しかし、過剰な活性酸素は、正常な細胞にも障害を与えるために、老化を促進したり、ガンなどの生活習慣病を引き起こしたりするのです

対処方法

植物性食品の中には、抗酸化作用・抗ガン作用をもつ成分が多く含まれています。したがって、食事内容を見直すことが基本です。

サプリメントによる対策

抗酸化作用をもつ成分をサプリメントから摂ることもできます。

抗酸化ビタミン

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロテン

抗酸化作用のあるサプリメント

JUGEMテーマ:健康

ストレスという症状について

現代社会では、多くの人が過剰なストレスを受け続けることで、心身に不調を生じています。変化の激しい社会環境によってもたらされる複雑なストレスは、「心身症」や「神経症」を生じるのです。

病気との関連性

心身症は、ストレスの影響が体に生じるもので、頭痛や消化性潰瘍、過敏性腸症候群などがあります。また、高血圧や糖尿病といった生活習慣病は、ストレスによって悪化します。 眼科領域では「眼心身症」という概念もあります。神経症は、ストレスが精神状態の異常を生じるもので、不安や落ち込みなどが認められます。

対処法

ストレスに対するサプリメントとして、「アダプトゲン」と総称される成分があります。アダプトゲンは、環境の変化やストレスに対する適応力を高める作用をもち、日本では高麗人参ローヤルゼリーがよく知られています。

サプリメント

アダプトゲンは、安全性が高く、ヒトの体がもつ正常な生理作用を阻害することはありません。体の機能を正常化し、ストレスに適応するのを補助する成分です。

ストレスに対するアダプトゲン

 

 


JUGEMテーマ:健康

痴呆の症状について

「痴呆」とは、脳が病的に障害される結果、その働きが低下し、「もの忘れ」といった症状が現れる病態をいいます。痴呆の原因となる主な病気は、「アルツハイマー型痴呆」と「脳血管性痴呆」の2つです。これらの痴呆は、高齢者人口の増加に伴って患者数が増えています。また、うつ病(うつ病性仮性痴呆)や甲状腺疾患、一部の医薬品の服用が原因となって痴呆の症状がある病態もあります。

 

痴呆の症状に気づいたら、できるだけ早く専門の医療機関で受診することが大切です。適切な医薬品やリハビリテーションによって、病気の進行を遅らせることができます。また、痴呆に効果的なサプリメントも報告されています。

病気との関連

アルツハイマー型痴呆は、近年、患者数が増加しており、65歳以上の痴呆患者の約43%を占めています。この痴呆は、突然生じるのではなく、スロープを下るように徐々に進行するのが特徴です。具体的には、「もの忘れ」「家事ができなくなる」といった症状からはじまり、「俳御する」「場所や時間がわからない」「怒りっぽくなるなど性格が変化する」といった時期を経て、「家族の名前や顔がわからない」「日常生活が困難になる」といった症状へと進行するのです。

 

アルツハイマー型痴呆に次いで多いのが、脳血管性痴呆です。この痴呆は、脳梗塞や脳出血など脳の血管が障害される病気が原因で生じます。脳血管性痴呆の症状は、安定した時期をはさんで段階的に進行することが知られています。たとえば、脳梗塞の発作が起きると急激に脳の機能が低下して痴呆の症状が現れます。しかし、その後は症状が安定します。そして、脳梗塞の再発や、他の病気の併発を契機として再び悪化することがあります。

対処方法

アルツハイマー型痴呆の代表的な症状である「もの忘れ」は、記憶に関早期であれば、「塩酸ドネペジル」という医薬品によって、海馬をはじめとする脳の働きを活性化させることで症状を改善することができます。

また、サプリメントでは、ドイツで盛んに研究が行われてきたイチョウ葉エキスが、アルツハイマー型痴呆に伴う症状の改善に効果があります。脳血管性痴呆に対しては、脳梗塞や脳出血といった脳の血管の障害を防ぐことが大切です。

 

近年、動脈硬化の進行によって生じる脳梗塞が増加しており、痴呆の原因ともなっています。小さな血管に脳梗塞が多数生じると、痴呆の症状を来します。

また、すでにこの痴呆がある場合には、脳梗塞の再発を予防することも大切です0 脳血管性痴呆に関しては、イチョウ葉エキスの効果も報告されていますし、動脈硬化や高脂血症、高血圧症を予防・改善するサプリメントの効果が期待できます。

サプリメント

痴呆に対する効果が期待できるサプリメント

  • イチョウ葉エキス
  • DHA
  • 卵黄コリン

脳の働きに対する作用

脳梗塞の予防

  • ナットウキナーゼ

JUGEMテーマ:健康

うつの症状

うつ病は、現代社会では誰でもかかりうる病気です。精神的な症状だけではなく、頭痛や倦怠感といった身体的症状も認められます。

病気との関連

うつ病は、環境の変化やストレス、人間関係のトラブル、過労などによって生じることがあります。また、凡帳面である、完壁主義、他人を気にするといった性格・思考パターンの人は、うつ病になりやすいタイプです。
うつ病は、脳の中で情報を伝達する役割をもつ「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が不足することで生じます。症状としては、気分が落ち込む、食欲不振、疲労感、集中力の低下などが2週間以上続くことが特徴的です。また、頭痛、倦怠感、肩こり、胃痛といった身体症状が見られることもあります。

対処方法

うつ病の治療の基本は、「抗うつ剤を服用する」と「休養をとる」の2つです。抗うつ剤としては、「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」や「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」に分類されるタイプの医薬品が利用されます。

うつ病に使われるサプリメント

抗うつ作用のあるハーブ

抗うつ作用のある成分

  • サムイー
[PR]水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」を使ってみての感想

JUGEMテーマ:健康

疲れ目の症状

若年者に多い目の不調は、眼精疲労です。中高年では、白内障、緑内障、黄斑変性症などが起こりやすくなります。「目のかすみ」といった症状があるときは、早めに医療機関で受診しましょう。

病気との関連

パソコンなどの機器を長時間使用することで、眼精疲労が生じやすくなります。また、画面を長時間見つめるためにまばたきの回数が減り、ドライアイを生じることもあります。

 

中高年以降では、白内障緑内障黄斑変性症などの目の病気が増えてきます。日本での白内障患者は1000万人と推計され、40歳代の30% は白内障と考えられています。白内障は、目の水晶体が濁る病気で、「目がかすむ、まぶしい」といった症状が現れます。

 

緑内障は、眼球内の圧力によって視神経が障害され、視野の一部が欠ける病気です。緑内障患者は250万人といわれています。黄斑変性症は、網膜の「黄斑部」が変性する病気で、高齢者の視力障害の原因となります。

網膜には、「視細胞」が存在し、光刺激のセンサーとして働いています。特に、黄斑部の周辺には、発達した視細胞が多く存在し、色の識別や解像度に優れた働きをしています。黄斑変性症は、日本を含めて、世界的に急増している病気の1つです。日本では、「滲出性黄斑変性症」が多く見られます。

対処方法

一過性の眼精疲労やドライアイでは、OA機器の使用を含めた生活習慣を見直しつつ、サプリメントの摂取も考慮します。ドライアイについては、特にマイボーム腺障害に対して、オメガ3 脂肪酸によって、涙液中の脂質を改善することで治療するという考えがあります。

白内障は、加齢によって生じる病気で、紫外線の曝露や個人の体質によ∫る影響も考えられます。白内障は、黄斑変性症などと同じく活性酸素の関与があるため、抗酸化作用をもつサプリメントの効果が期待されています。

しかし、白内障の予防効果について、科学的根拠はまだ十分ではありません。進行した白内障では、濁った水晶体を除き、人工の眼内レンズを入れるという手術が一般的です。

 

緑内障では、定期検診による早期発見が大切です。 原因として、体質や加齢の他、ストレスも関係するという説もあります。ストレスは、眼圧を上げる要因となるからです。緑内障は、医薬品や手術によって眼圧を下げることが治療の基本です。また、「正常眼圧緑内障」といって、眼圧が正常でも生じる病気もあり、医療機関での検査と治療が大切です。なお、イチョウ葉エキスが正常眼圧緑内障を改善するという臨床試験が報告されています。

 

黄斑変性症は、欧米で多く見られる疾患でしたが、近年、日本でも高齢者人口の増加や食生活の変化のために、患者数が増加しています。カロチノイド系ファイトケミカルには黄斑変性症を予防する効果があるため、緑黄色野菜などカロチノイドの豊富な食品を多く摂るようにしましょう。 医療機関での治療法としては、レーザーを用いる「光凝固療法」や、外科的な手術法があります。

 

なお、糖尿病性網膜症も増加しています。対策は、原因疾患である糖尿病の治療、つまり血糖の良好なコントロールです。

血糖コントロールで最近は、糖質制限食などが頑固な血糖値を下げると評判です。

サプリメント

目の疲れ・眼精疲労に効果のあるサプリメント

  • ブルーベリー
  • アサイーベリー(ブル-ベリーよりも有効成分のアントシアニンが多く注目されています)

ドライアイを緩和

目の老化を防ぐ抗酸化成分

正常眼圧緑内障の視野欠損を改善

黄斑変性症

JUGEMテーマ:健康

症状

疲れやすい、疲労感がとれない、体力に自信がない、といった訴えは現代人に多い症状です。たとえば、成人向けの栄養ドリンク剤が広く利用されており、虚弱体質や冷え症は女性や小児に多い体質です。

医薬品ドリンク剤はどれほど効くか?

ドリンク剤は、コンビニでもドラッグストアーにも山積みされていますが実際は、気分的なもので特に疲れがとれる成分が入っているわけではなく少し脳が興奮したりするする程度のものが入っているだけです。

 

病気のとの関連性

肝臓や腎臓などの疾患など特定の病気によって疲労感が生じる場合もあります。そのようなケースでは、原因となる病気の診断と治療が最優先されます。何らかの重大な病気が隠れているのではないことを確認するために、定期的に健康診断を受けることが大切です。

対処法

特に問題となる病気が認められない場合には、サプリメントを利用でき ます。もちろん、食生活や運動習慣を見直すことも重要です。 また、虚弱体質の改善のためには、漢方薬も利用できます。専門医の診 断に基づいて適切な処方を受けることが大切です。 なお、栄養ドリンク剤には、疲労回復効果のあるビタミンB 群に加えて、 生薬の成分やカフェインが含まれています。しかし、生薬の組み合わせや カフェインの量が、体質に合わないこともあります。サプリやビタミンは、体質によって合う合わないがありますが、ビタミンB群の場合、体に不要であれば水溶性なので尿として排泄されるので心配はいりません。多少、多く飲んでおくほうがいいでしょう。サプリを使いたくない場合は、ビタミンBが豊富に含まれる豚肉がおすすめです。

疲労回復には豚肉

疲れに効果のあるサプリ・ビタミン